あごのたるみ

あごの下のたるみをとりたい方必見!

年齢とともに気になるのがあごのたるみであごのたるみが出て二重あごになってしまうと、一気に見た目も老け顔になってしまいますよね。
実は、あごにたるみが出来つつあるということは、顔のそれ以外の部分についてもたるみが出来つつあるといえます。
あごのたるみの他にも、目元や口元、目の下や頬などのように、顔のその他の部分についてたるみが始まり、そして顔全体のたるみがあごのたるみとなってしまったといえます。

 

従って、あごのたるみを解消するには、あごだけでなく、顔のそれ以外の部分も同時にケアをすることが重要となります。
あごのたるみや、顔のそれ以外の部分のたるみの解消について有効なのが、腕など他の筋肉と同様にストレッチを行うという方法です。
特に、口の角が下がり気味の人の場合、普段から顔を構成する表情筋肉をあまり使っていない可能性がありますので、顔の筋肉を意識して使うようにしましょう。
表情筋を使うには、意識的に笑顔を作ったりするだけでも、あごのたるみの解消に効果的です。

 

では、実際にあごのたるみを解消するストレッチを紹介します。
まず口を閉じた状態で少しずつ頭を後ろに倒していき、その後斜め上を向きます。
次に口をできだけ大きく開き、そのままの状態で舌を出します。
さらにその状態を維持したままで「えー」と大きく声を出します。
ここまでを1回として、これを一日に6回ほど行うと、あごのたるみも解消され、すっきりと引き締まったあごを作ることができます。

 

こういったストレッチの他に、あごのたるみの解消で有効なのが、食事の際によく噛んで食べること。
固いものも積極的によく噛んで食べることで、あごのたるみの解消に効果的です。
ただ、噛む際には片側の歯だけに偏らないように、左右のバランスを考えて噛むようにしましょう。

 

あごのたるみの解消はすぐにできませんが、日頃のケアで十分改善が可能です。

 

他にも顎のたるみを解消する為のおすすめのエクササイズや運動、マッサージのやり方から、IKKOさんもおすすめの解消グッズなどをご紹介していますので、ブルドック顔でお悩みの方もぜひ参考にして頂ければと思います。